2013年04月08日

子どもの偏食は遺伝子が原因

子どもの偏食は遺伝子が原因かもしれない――こんな研究結果が、「Obesity」3月21日号に掲載された。米ノースカロライナ大学(チャペルヒル)栄養学准教授のMyles Faith氏らの研究。同氏らは、この研究結果により、小児の食習慣で遺伝子が重要な役割を果たしていることを示すエビデンスがさらに増えたとしている。
ということ。

子どもの偏食は遺伝子が原因(2013.4.4掲載)

記事によると、

一部の小児は遺伝的に新しい食品を避ける傾向がある。ただし、行動を変えたり、偏食を直したりすることができないわけではない。

子どもの食わず嫌いを改善するには、親が手本となり、新しい食品を準備し、子どもに好きなものを選ばせるなど、新しい食品を試す機会を何度も与えるとよい


ということだ。

ちなみに我が家では、
長女も次女も新しい物をあまり食べようとしない。

次女は長女が食べる様子を見て、
自分も何を食べるか決めている感じがする。

posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

どか食いをすると、そのあと機嫌が悪くなる

多くの女性が、感情と食欲には何らかの関係がありそうだと認めています。先日ペンシルバニア大学が、感情と食生活は関係がある上に、不健康な食生活を送っていると機嫌が悪くなるという発表をしました。
ということ。

不摂生な食生活は不機嫌を招く 女ゴコロの不思議 - QLifePro医療ニュース

これはあるなと思います。

男性でも、
食生活と機嫌はある程度関係しているのでしょう。

食生活が整い体調がよくなれば、
気分も良くなる。

あたりまえのことのような気もします。
posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

妊娠すると足のサイズが大きくなる

アイオワ大学が発表した研究によると、妊娠によって女性の足の大きさや形が変わるのは一時的なものではない、とわかった。論文は、American Journal of Physical Medicine and Rehabilitationの3月号に掲載された。
ということです。

妊娠すると足のサイズが大きくなる - QLifePro医療ニュース

妊娠することで、
女性の体にはいろんなところに変化が起きるのですね。

posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

お金持ちが結婚に求める5つの条件

お金持ちが結婚に求める5つの条件 『なぜ貯金好きはお金持ちになれないのか?』チョイ読み【第7回】:PRESIDENT Online - プレジデント
という記事を読んだ。

記事によると、
億万長者たちが配偶者となる人に最初に出会ったときに心を惹かれた資質の上位5つは「知性的で、誠実で、明るく、信頼でき、情愛豊かなところ」だというのだ
ということですが、
こういう人なら、
別に億万長者でなくても心惹かれるだろうなと。


posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

安定した職業なのに薬剤師が結婚できない理由

安定した職業なのに薬剤師が結婚できない理由 (@DIME) - Yahoo!ニュース
という記事を読んだ。

安定を求めすぎても、
結婚は難しくなるのかもしれない。

結婚がギャンブルのようだとは思いたくないけど、
結婚後のお互いの変化が完全には予想できないだけに、
そういう面も少しはあるのかなと。

まあ、
その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?
参考

結婚式でよくやめる時も健やかなるときもと牧師さんが言いますが この後最後までの... - Yahoo!知恵袋
って、
ことで。
posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

妻のほうが稼ぐと、夫の性的能力は低下

妻の給料のほうが多いとわかると、夫はその差を寝室で感じるらしい。妻より収入の少ない男性は、妻より収入の多い男性に比べ、インポテンス治療薬を必要とする傾向が強いことが、米ワシントン大学(セントルイス)准教授のLamar Pierce氏らがデンマークで実施した研究でわかった。研究論文は「Personality and Social Psychology Bulletin」オンライン版に2月3日掲載された。
ということ。

妻のほうが稼ぐと、夫の性的能力は低下(2013.2.25掲載)

男心というのは、
わりと繊細なものです。

posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

赤ちゃんの時に花粉にさらされた時期がその後のアレルギーに影響か

花粉症はこの数十年で急激に増加してきている疾患で、未だ小児や乳幼児に対して行われている調査が少ない状態でしたが、近年様々な報告が行われるようになり、少しずつメカニズムが理解されてきています。
昨年のオーストラリアからの報告では、赤ちゃんが花粉にさらされた月齢によって、その後子ども時代のアレルギー症状の出方に違いがあることが分かりました。

ということです。

赤ちゃんの時に花粉にさらされた時期がその後のアレルギーに影響か - QLifePro医療ニュース

さらに記事によると、

3ヶ月から6ヶ月の乳児が花粉にさらされると、食品や大気中物質への感受性が2歳の時点で増し、6-7歳の時点では花粉症や喘息の症状を示すことが多い。

ということです。

3月に花粉が飛ぶとして、
10月から翌年1月くらいの生まれの子供には、アレルギーがおおくなる、
ということが言えるのでしょうか?

ちなみに我が家の子供でいうと、
名古屋で2歳まで育った長女より、
生まれてこのかた、スギの山に囲まれた地域で成長している次女の方が、
花粉症がひどいようなきもします。

いずれにしろ、
ちいさな子供にも花粉対策は必要、ということは、
言えそうです。


posted by もり at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

玩具の「ブロック」大学や企業まで注目 その効果とは?

プラスチック製組み立て玩具の「ブロック」。幼少時、夢中になって車や家を作った記憶を持つ人は少なくないだろうが、今、このブロックが「働くうえで求められる力の育成」の観点で、幼児教育から大学・企業まで広く注目を集めている。「集団における協調性」などを評価するため、宇宙飛行士候補者の選抜試験でも採用されたというブロック、その効果とは−。
という記事。

玩具の「ブロック」大学や企業まで注目 その効果とは? (産経新聞) - Yahoo!ニュース

私も、
小さい頃ブロックでよく遊んでいた記憶がありますが、
やっといて良かったのかな。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性にとって主なプチ贅沢はアルコール、女性にとってはスイーツ

アサヒグループホールディングスがまとめた意識調査の結果によると、日常生活でのちょっとした贅沢(プチ贅沢)を楽しむ傾向は、男性よりも女性の方が強い。また男性にとって主なプチ贅沢はアルコール、女性にとってはスイーツであることが分かった。
ということ。

女性のプチ贅沢、2位は外食、1位は? (日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)) - Yahoo!ニュース

じゃあ、
プチじゃない贅沢は、
何なんだろうか。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

要は夫も妻も、言いたいことは「もっと自分の気持ちをわかって」

夫の「恐怖の冷蔵庫チェック」に焦る妻〈AERA〉 (dot.) - Yahoo!ニュース
という記事を読んだ。

結婚して長くなってくると、
自分のことをよくわかってくれているとか、
相手のことをよくわかっている、
というように考えて、
自分のことをわかってもらう努力や、
相手のことをわかろうとする努力が、
減ってくるのかもしれません。

結婚してある程度の期間が経過しても、
結局は、赤の他人同士が一緒にいるだけなのかもしれず、
でも、
だからこそ逆にすごいことなのかもしれないなと。

赤の他人が、
こんなに長期間一緒に過ごせるなんて、
わりと奇跡的なことかもしれないなと。

そういう奇跡的なことが起きているかもしれないということには、
ある程度は謙虚になるべきなんだろうなと。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。