2013年06月29日

母乳育児は社会的成功チャンスを高める

母乳は赤ちゃんの免疫システムと健康を強化するだけではなく、社会的成功のチャンスを上昇させることが明らかになった。
研究を発表したユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームによると、母乳で育った人は、人工栄養で育った人に比べ、成人後に高い社会的地位につく傾向にあり、また、精神的にも良好な状態が上昇するという。

ということ。

母乳育児は社会的成功チャンスを高める 英研究 - QLifePro医療ニュース

母乳で育てることのメリットがいろいろと証明されると、
母親にはプレッシャーになってしまうかもなとは思う。
posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

母乳は乳児の脳に良い

母乳は乳児の脳に良いことが、米ブラウン大学エンジニアリング助教授のSean Deoni氏らの研究でわかり、研究論文が「NeuroImage」オンライン版に5月28日掲載された。
ということ。

母乳の有効性、また明らかに(2013.6.24掲載)

もうすぐ出産予定の我が家の第三子も、
母乳で育てられたらいいなと思う。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

<ママカースト>収入差や生活スタイルで序列化 母親たちを呪縛

<ママカースト>収入差や生活スタイルで序列化 母親たちを呪縛 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
という記事を読んだ。

昔は、
子供は子供だけで勝手に遊んでいて、
そこにはお金持ちのところの子供もいれば、そうでない子供もいて、
それが普通だった、
ような気がします。

今は、
子供が遊ぶ時には親もセットだったりするので、
親同士が仲良くできるか、
ということが、
子供同士の関係にも影響するようです。

自分とは違ったモノの見方や、感じ方があることを、
受け入れることができたり、
むしろそれが楽しかったり、
そういう感覚は、
どうやったら育まれるのだろうかと、
思ったりします。
posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

男も女もその声に惹かれる

太く低い声の男性、高い声やハスキーな声の女性は魅力的――こんな研究結果が英ロンドン大学(UCL)のYi Xu氏らによって報告され、「PLoS ONE」4月24日号に掲載された。
ということ。

男も女もその声に惹かれる(2013.5.9掲載)

声も、その人のひとつの要素には違いない。


posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

子どもに使ってはいけない10の言葉(と代わりに使うべき言葉)

子どもに使ってはいけない10の言葉(と代わりに使うべき言葉) : ライフハッカー[日本版]
という記事を読んだ。

記事中で、
子どもに言ってはいけないとされているのは、
以下の10この言葉。

1.「よくできたね!」
2.「いい子ね!」
3.「絵が上手ね!」
4.「いい加減に止めないと、○○だよ!」
5.「もし○○したら、○○をあげるよ」
6.「お利口さんね!」 
7.「泣かないで」
8.「○○するって約束してあげる」
9.「大したことじゃないでしょ!」
10.「何でそんなことをしたの?」


どれもついつい言ってしまいそうな言葉だったりするし、
実際に私も言っていることはあるなとおもう。

こういう言葉は、
子供を褒めているようでいて、
ほんとのところは、
子供を親の望む方にコントロールするために言っているのだとおもう。

では、かわりにどんな言葉を使ったら良いのか、
といことだけど、
それはテクニックでどうこうするよりも、
相手が、自分にとって大切な存在であるという気持ちから、自然に沸き起こってくるだろう言葉を、
使ったら良いのだろうとおもう。

まあ、
親になれば常にそう言う気持ちでいられるということもないので、
そういう気持ちを、
時々思い出したりしながらになるけど。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

「愛着不安」強い夫婦で免疫機能低下

夫婦生活への懸念や不安が強い人は、免疫機能が落ちているかもしれない―。そんな研究結果が、米オハイオ州立大学行動医学研究所のLisa M. Jaremka氏らによって、米医学誌「Psychological Science」(2013; 24: 272-279)に発表された。
ということ。

「愛着不安」強い夫婦で免疫機能低下―米研究 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

記事によると、

「愛着不安」とは対人関係に対して懸念や不安を抱くこと。その程度が強い人は相手に拒絶されることを極端に心配し、自分が愛されていることを絶えず確かめようとしたり、対人関係で起きた出来事を否定的に捉えたりする傾向があるという。

愛着不安は、小児期の発達に関係すると考えられている。窮地に陥ったときに保護者が思いやりのある対応をすることで、子供は他者への信頼を学習する。一方、保護者の接し方に一貫性がなかったり無視されたりすると、子供は不安感を募らせ、後々に愛着不安という形で現れる可能性がある。

ということ。

親の行動の影響が、
その子どもが結婚して夫婦になった時にも、
現れるということだな。

posted by もり at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

結婚式の意味の変化

結婚することで、これからは新郎新婦が二人して、そしてまわりの家族や友人の手助けをうけながら、この苦痛の時代を生きていくという覚悟を定めなければならないというのが、結婚式の意味になりつつある
ということ。

生きづらい時代に、結婚式はこう変わった(佐々木 俊尚) - 個人 - Yahoo!ニュース

神父様の言うことは、
昔からそういう意味だったような気がするけど。
posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抱っこして歩くと泣きやむ理由、科学的に検証

親が赤ちゃんを抱っこして歩くと、赤ちゃんが泣きやんでリラックスする仕組みを科学的に検証したと、理化学研究所の黒田公美(くみ)ユニットリーダー(神経科学)の研究チームが発表した。18日付の米科学誌カレントバイオロジー(電子版)に掲載された。
ということ。

<赤ちゃん>抱っこして歩くと泣きやむ理由、科学的に検証 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

記事には仕組みの部分は書かていなかったけど、
方法さえ分かれば親としては事足りるかな。

posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

妊娠初期に自動車排気等の影響を受けた場合は先天異常の子供が生まれるリスクは2倍

妊娠の初期で2ヶ月間の間に一酸化炭素など、自動車の排気ガスの影響を多大に受けた人は、そのような影響を受けなかった人に比べた場合に神経系の先天異常の子供が生まれるリスクが2倍であった、というような研究結果が報告された。この報告はThe New York Times OnlineのHealthコラムに掲載された。
ということ。

妊娠初期に自動車排気等の影響を受けた場合は先天異常の子供が生まれるリスクは2倍 - QLifePro医療ニュース

住んでいる地域の問題が大きいだろうから、
どうにかしようもないことだろうけど。
posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

息子がモテないのは、夫の責任です

息子がモテないのは、夫の責任です :PRESIDENT Online - プレジデント
という記事を読みました。

親の様子や態度を見て、
子供はいろんなことを学ぶのだなと思いました。

以下我が家でも気を付けないといけないなとおもうところを抜粋。

「『ありがとう』や『ごめんね』が夫婦の日常会話できちんとできているかが問われます。夫婦間での感情表現の豊かな家庭の子は喜ぶのが上手で、かわいげのある子に育ちます。だから人の輪も広がります。お父さんは子供の前で、ちょっと気恥ずかしくなるくらいオーバーアクションで気持ちを伝えたほうがいいのです。『黙っててもわかるだろ』ではダメ。言葉と態度が大事。何なら妻をハグしてもいい」

いきなりやろうとしても、
なかなか難しいですが。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。