2013年04月08日

子どもの偏食は遺伝子が原因

子どもの偏食は遺伝子が原因かもしれない――こんな研究結果が、「Obesity」3月21日号に掲載された。米ノースカロライナ大学(チャペルヒル)栄養学准教授のMyles Faith氏らの研究。同氏らは、この研究結果により、小児の食習慣で遺伝子が重要な役割を果たしていることを示すエビデンスがさらに増えたとしている。
ということ。

子どもの偏食は遺伝子が原因(2013.4.4掲載)

記事によると、

一部の小児は遺伝的に新しい食品を避ける傾向がある。ただし、行動を変えたり、偏食を直したりすることができないわけではない。

子どもの食わず嫌いを改善するには、親が手本となり、新しい食品を準備し、子どもに好きなものを選ばせるなど、新しい食品を試す機会を何度も与えるとよい


ということだ。

ちなみに我が家では、
長女も次女も新しい物をあまり食べようとしない。

次女は長女が食べる様子を見て、
自分も何を食べるか決めている感じがする。

posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

赤ちゃんの時に花粉にさらされた時期がその後のアレルギーに影響か

花粉症はこの数十年で急激に増加してきている疾患で、未だ小児や乳幼児に対して行われている調査が少ない状態でしたが、近年様々な報告が行われるようになり、少しずつメカニズムが理解されてきています。
昨年のオーストラリアからの報告では、赤ちゃんが花粉にさらされた月齢によって、その後子ども時代のアレルギー症状の出方に違いがあることが分かりました。

ということです。

赤ちゃんの時に花粉にさらされた時期がその後のアレルギーに影響か - QLifePro医療ニュース

さらに記事によると、

3ヶ月から6ヶ月の乳児が花粉にさらされると、食品や大気中物質への感受性が2歳の時点で増し、6-7歳の時点では花粉症や喘息の症状を示すことが多い。

ということです。

3月に花粉が飛ぶとして、
10月から翌年1月くらいの生まれの子供には、アレルギーがおおくなる、
ということが言えるのでしょうか?

ちなみに我が家の子供でいうと、
名古屋で2歳まで育った長女より、
生まれてこのかた、スギの山に囲まれた地域で成長している次女の方が、
花粉症がひどいようなきもします。

いずれにしろ、
ちいさな子供にも花粉対策は必要、ということは、
言えそうです。


posted by もり at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

ファストフードに子どものぜんそくと関連性

ファストフードをよく食べる子どもは果物をよく食べる子どもに比べ、深刻なぜんそくを起こすリスクがかなり高いとする大規模な国際研究の結果が14日、英医学誌「ソラックス(Thorax)」に発表された。
ということ。

ファストフードに子どものぜんそくと関連性 国際ニュース : AFPBB News

記事によると、
ファストフードを週に3回以上食べている場合、深刻なぜんそくのリスクが13〜14歳では39%、6〜7歳では27%高まった。またファストフードは湿疹や鼻炎のリスクも高めていた。
対照的に果物を週3回以上食べている場合には、症状が11%〜14%軽減されていた。

ということ。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

ぜんそく発症リスクと関連していた3種のカビは、水害を受けた家庭に多く見られる

米シンシナティ小児病院環境健康科学のTiina Reponen氏らは、乳児期にカビへさらされる機会が多いと、7歳時に小児ぜんそくを発症するリスクが高まると、米医学誌「Journal of Allergy and Clinical Immunology」(2012; 130: 639-644)に発表した。
ということ。

乳児期のカビ暴露で小児ぜんそくリスク上昇か―米研究 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

この記事に書かれていた一文。

ぜんそく発症リスクと関連していた3種のカビは、水害を受けた家庭に多く見られる

我が家も、
水害というほどではないけど、
雨水が室内に入り込んだりしたことがあるし、
結露も多いので、
ちょっと心配な記事だった。

なるべくこまめに掃除機をかけて、
空気清浄機を時々回しているけど。



posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

子供の近視が増加、携帯電話・ゲーム機の普及が要因に

携帯電話や携帯ゲーム機の普及に伴い、子供の近視が増えている。文部科学省の調査では、裸眼視力0.3未満の小学生は、2009年には1975年に比べると3倍近くに達している。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の大野京子准教授(眼科学)は「子供の近視は適切に対応しないと強度近視につながり、成人後の失明の原因にもなります」と警鐘を鳴らしている。
ということ。

子供の近視が増加、携帯電話・ゲーム機の普及が要因に | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

1977年生まれの私は、
近視ではなかったけど、
ファミコンを長時間やったし、
ゲームボーイでもたくさん遊んだ。

今の子供も、
携帯ゲーム機やスマホなど、
目を酷使しているんだろうなと思う。


posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

女子中高生の12%が経験、思春期の自傷行為

刃物などで故意に自分の腕を傷つける自傷行為は、中高生など若者の間で広がっている可能性がある。女子中高生の12%が経験しているという報告もあるようだ。人目を忍んで行われるため家族も気付きにくく、常習化すると新たな痛みを求めて、行為が重度化する恐れがある。
ということ。

女子中高生の12%が経験、思春期の自傷行為 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

我が家は女児が二人いる。

5歳と3歳。

まだ今のところは、
毎日楽しそうに生きているように見えるけど、
いずれ難しい思春期を迎えるわけで、
どうなることやらと思う。

お父さんもがんばるから、
子供たちもがんばって乗り越えてよ。

posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

乳幼児の食物アレルギーは、年齢が上がるにつれて治っていくことが多い

乳幼児の食物アレルギーは、年齢が上がるにつれて治っていくことが多い。このため定期的に食物負荷試験などの検査を受け、自己判断で過剰な食物除去を行わないことが子供の発育には重要だ。
ということ。

子供の食物アレルギー、発育考え除去は最小限に | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

過去にアレルギーが出た食べ物などは、
用心して、その後もずっと避け続けることが多いと思うけど、
できるだけいろんなものを食べられたほうが、
子供の成長にとっては良いのだろう。




posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

寝る子は脳も育つ?

10時間ぐらいまでは「睡眠時間の長さに比例して海馬の体積が大きくなる」という関係が成り立っている。そして、睡眠時間が1日5〜6時間ぐらいの子供よりも、9〜10時間ぐらいの子供のほうが海馬が1割程度大きかったという。
ということです。

平日の睡眠時間と海馬の大きさ−5〜6時間しか寝ない子は、やや小ぶり :PRESIDENT Online - プレジデント

寝る子は育つ。

子供が早く寝てくれると、
親にとっては自分だけの時間が増えるので、
ちょっとうれしい。

posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

ハチミツは子供のせき止めになる?

ハチミツのせき止め効果に関してこれまで2件の臨床試験が行われており、世界保健機関(WHO)が乳児(1歳未満)以外へのせき止めとして使うことを推奨しているという。
ということ。

ハチミツは子供のせき止めになる? イスラエル研究 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

ハチミツの殺菌作用や、とろっとしたところなんかが、
良いのかもしれない。

記事には、
ハチミツにはボツリヌス菌が含まれていることがあり、この菌に耐性がない1歳未満の乳児には使用できないこと、さらには虫歯のリスクの観点から、ハチミツの使用は必要最小限にとどめるべき
ともあり、
そのような点への注意は必要だろうけど。

posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

ストレスに強い子供の生み方

(妊娠中の)コリンの摂取は、ストレスに強い子供をつくる可能性がある方法の一つ
ということ。

ストレスに強い子供の生み方、妊娠中のコリン摂取が鍵 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

妊婦の食生活における栄養のバランスというのは、
胎児のためにも大切なことなのだな。

posted by もり at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

中学生の7割、睡眠に問題

歯ぎしり、いびきや目覚めた時の機嫌の悪さなど睡眠に関する何らかの問題を抱える子どもは、中学生で約7割にのぼることが厚生労働省研究班(分担研究者=三島和夫国立精神・神経医療研究センター部長)の調査で明らかになった。
ということ。

機嫌悪い・起きない…中学生の7割、睡眠に問題 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

7割とは多いなと思った。


ところで、
我が家の5歳児と2歳児は、
先ほどニコニコしながら起きてきた。

夜7時半ころに寝るので、
起床が朝5時半。

充分寝ているようなので、
朝からテンションマックス。

そんな子どもたちも、もう少し成長したら、
不機嫌にいつまでも寝ているようになるのかもしれないけど。

posted by もり at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

受動喫煙は子どもにとって有害

乳幼児や子どもたちの受動喫煙のリスクについて書かれた記事。

受動喫煙は子どもにとって非常に危険(2012.6.25掲載)

記事中で上げられていた受動喫煙の子どもに対する害。

・低体重出生、肺の衰弱、乳幼児突然死症候群(SIDS)。
・肺炎や気管支炎。
・耳感染症の発症頻度の増大。
・咳や喘鳴(ぜんめい)。
・喘息症状の悪化。
・受動喫煙をしない子どもに比べて頻繁な体調悪化。


大人にとって喫煙は、
リラックスできたりとか、多少のメリット(あると思う人には)はあるのだろうと思うけど、
子どもにとっては害しかない。


ついでに書いておくと、
乳幼児ではタバコ1本に含まれるニコチンが致死量、

2歳の子供が煙草の誤飲をしてしまったのですが・・・ - Yahoo!知恵袋
ということなので、
タバコを子どものいるところにおいておくのも、
危険ですね。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧で入院する小児が増加

高血圧症で入院する小児の数が、この10年でほぼ2倍になったことが新しい研究で明らかになった。
ということ。

高血圧で入院する小児が劇的に増加(2012.6.25掲載)


記事はアメリカでの研究によるものだけど、
記事中の、
肥満は小児における高血圧の最も大きなリスクファクター(危険因子)であり、これらの肥満児は、成人患者と同様にすべての心血管疾患のリスクファクターを有することになる。もしこの傾向を逆転できなければ、これらの患児のほとんどが、いますぐではないにしても、30〜50代で死亡することになる」と述べている。
という部分は、
どこの国の子どもにも当てはまるのだろうなと思った。



posted by もり at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

いじめや暴力を受けると「テロメア」が短縮する

いじめや暴力の犠牲者である小児に、通常は加齢に関連するDNAの損傷が認められることが新しい研究で示された。暴力に関係するストレスが染色体の先端にある特殊なDNA配列であるテロメア(telomere)に影響を及ぼすという。
ということ。

いじめや暴力は小児の加齢関連のDNAを損傷(2012.5.7掲載)

「テロメア」について記事より抜粋。
DNAを保護しているテロメアは細胞分裂のたびに短くなり、細胞の分裂回数を制限している。短いテロメアは生存の不良や慢性疾患の悪化と関連し、以前の研究では喫煙や肥満、精神疾患、ストレスによりテロメアの短縮プロセスが促進される可能性が示されている。このことは、テロメアの長さがヒトの暦年齢と同様、生物学的年齢を反映する可能性を示唆している。

テロメアが短くなるのは、
細胞分裂のときだけだと思っていたけど、
そうでもないのかな。

ストレスなどによって、
細胞分裂のときに普段より余計にテロメアが短縮されやすくなるのかもしれない。

その影響が、
細胞分裂が盛んな子供には強く表れやすいと。

ストレスフルな幼少期を送った子供と、そうでない子供とで、
寿命の差などを調べたら、
もう少しはっきりしたことが分かるかもしれない。
posted by もり at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

児童の炭酸飲料の多飲は血圧上昇を招く可能性

児童の炭酸飲料の多飲は血圧上昇を招く可能性
ということ。

児童の炭酸飲料の多飲は血圧上昇を招く可能性:日経メディカル オンライン

うちの子は、炭酸飲料を、

「辛い!」

と、言って、
まだ飲めない。

臆病だなと少し思うけど、
当分このままでもいいかなとも思う。



ラベル:育児 子ども
posted by もり at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

乳幼児の風邪で受診が必要なケース乳幼児の風邪で受診が必要なケース

乳幼児の風邪で受診が必要なケース
という記事を読んだ。

ヘルスデージャパン - 乳幼児の風邪で受診が必要なケース(2011.6.16掲載)

抜粋少し解説を加えてみると、

・呼吸の度に鼻腔が広がる、呼吸が困難、または呼吸する際に肋骨近くの皮膚がへこむ。

努力呼吸の状態ですね。

子どもは、
かなり苦しがっていると思います。



・爪や唇が青い。

チアノーゼが出ていますね。

寒くても少し色が悪くなるかもしれませんが、
暖かくしてもその状態なら、
緊急事態だと思います。



・10〜14日経っても鼻汁が続く。

花粉症の時期にはこういうことがあると思うので、
風症状との区別が難しかったりすると思います。

この場合、鼻水の性情が、
膿性(黄色っぽくてどろっとしている)なのか、
漿液性(透明でさらさらしている)のか、
というあたりも、
ポイントになると思います。

普通の花粉症なら、
漿液性の鼻水が出ると思いますが、
膿性だと、
細菌の感染があるかなぁ、
とか、
考えますね。



・1週間以上しつこい咳(せき)が続く。

どんな咳が、いつごろよく出るか?
というあたりを見ておくと、
病院にいったときに聞かれるかもしれないので、
よいと思います。



・耳に痛みがある。

中耳炎は子どものなりやすい病気の一つだと思うので、
そのことを言っているのだと思います。

小さい子どもだと、
痛がっているところが、
耳なのかどこなのか良くわからないことがあるかもしれませんが。



・異常な眠気や不機嫌さがみられる。

こういうのはあまり経験がありませんが、
重大な病気が潜んでいる可能性がありそうです。



・摂氏38.9度(華氏102度)を超える発熱がある。

小さな子どもが発熱すると、
38度くらいはすぐに超えてしまいますね。

初めてそのくらい熱が出ると、
親としては焦りますが、
涼しい格好にさせて、
水分摂取に気を配ることが、
まずでできることでしょう。


ラベル:子ども 病気
posted by もり at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。