2013年03月06日

お金持ちが結婚に求める5つの条件

お金持ちが結婚に求める5つの条件 『なぜ貯金好きはお金持ちになれないのか?』チョイ読み【第7回】:PRESIDENT Online - プレジデント
という記事を読んだ。

記事によると、
億万長者たちが配偶者となる人に最初に出会ったときに心を惹かれた資質の上位5つは「知性的で、誠実で、明るく、信頼でき、情愛豊かなところ」だというのだ
ということですが、
こういう人なら、
別に億万長者でなくても心惹かれるだろうなと。


posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

安定した職業なのに薬剤師が結婚できない理由

安定した職業なのに薬剤師が結婚できない理由 (@DIME) - Yahoo!ニュース
という記事を読んだ。

安定を求めすぎても、
結婚は難しくなるのかもしれない。

結婚がギャンブルのようだとは思いたくないけど、
結婚後のお互いの変化が完全には予想できないだけに、
そういう面も少しはあるのかなと。

まあ、
その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?
参考

結婚式でよくやめる時も健やかなるときもと牧師さんが言いますが この後最後までの... - Yahoo!知恵袋
って、
ことで。
posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

要は夫も妻も、言いたいことは「もっと自分の気持ちをわかって」

夫の「恐怖の冷蔵庫チェック」に焦る妻〈AERA〉 (dot.) - Yahoo!ニュース
という記事を読んだ。

結婚して長くなってくると、
自分のことをよくわかってくれているとか、
相手のことをよくわかっている、
というように考えて、
自分のことをわかってもらう努力や、
相手のことをわかろうとする努力が、
減ってくるのかもしれません。

結婚してある程度の期間が経過しても、
結局は、赤の他人同士が一緒にいるだけなのかもしれず、
でも、
だからこそ逆にすごいことなのかもしれないなと。

赤の他人が、
こんなに長期間一緒に過ごせるなんて、
わりと奇跡的なことかもしれないなと。

そういう奇跡的なことが起きているかもしれないということには、
ある程度は謙虚になるべきなんだろうなと。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

家計管理が別々な夫婦は仲が悪い!?

共働き家庭が増え、家計管理を別々に行う夫婦も少なくない。一見合理的だが、実は共同で家計管理を行う夫婦に比べ、別々の夫婦の方が円満度は低い傾向があるという結果が、オリックス生命保険(本社:港区)の「夫婦関係と家計に関する実態調査」で明らかになった。
ということ。

家計管理が別々な夫婦は仲が悪い!?20代の夫婦げんか理由1位は「お金の使い道」 (ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース

記事によると、

同調査では夫婦のけんかの原因についても聞いており、「お金の使い道」と答えた人は全体の22.6%で、「態度」(31.0%)、「育児・子どもの教育」(30.5%)、「価値観」(27.2%)に次いで4位。年齢別に見ると「お金の使い道」と答えた人は20代が圧倒的に多く、年代が上がるにつれ下がる傾向がある(20代=35.2%、30代=24.4%、40代=14.8%、50代=16.0%)。
また、年代によってけんかの原因は異なる傾向があり、各年代のけんかの原因トップ項目は、20代=お金の使い道、30代=子どもの教育、40代=態度、50代=価値観となった。


ということ。

私は30代なので、
子供の教育のことが問題になりやすいみたい。

価値観で喧嘩するといのは、
どういう感じなのか、
まだよくわからないな。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

結婚が心臓病から男女を救う

結婚は、本当に「人生の墓場」なのか。そんな疑問を抱かせるような研究結果が、1月30日発行の欧州医学誌「European Journal of Preventive Cardiology」(電子版)に発表された。
ということ。

結婚が心臓病から男女を救う―フィンランド研究 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

墓に入れただけでも良かったかなと。


posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

男性より女性の方が結婚に幸せを感じていない?

「結婚している人のほうがしていない人より幸せ」と思うかどうか、NHKの放送文化研究所が調査した結果、「結婚している方が幸せ」と思う割合に男女差があり、女性の方が男性より低い結果となりました。
ということ。

“結婚している人幸せ”意識に男女差 NHKニュース

記事によると、

家族社会学が専門の日本女子大学の永井暁子准教授は、「男性の場合と違い、女性は仕事でも家事の負担でも結婚のメリットがない社会であることが、こうした結果につながっている。魅力的な家族生活を送れる社会の仕組みが出来上がっていない」と分析してしています。

ということです。

私としては、
家族がいてくれるだけでかなり幸せなんですけど。
posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

既婚なのに結婚指輪をしていない男性、その理由は?

合コンの時だけそっと結婚指輪を外して独身のフリ、なんてわりとよく聞く話だが、既婚男性に結婚指輪はどのように扱われているものなのだろうか。煩わしい足かせ? 妻への愛情の証?? マイナビニュース既婚男性会員233名に、普段から結婚指輪をつけているのか、聞いてみた。
という記事。

既婚なのに結婚指輪をしていない男性、その理由は? | 恋愛・結婚 | マイナビニュース

私も結婚指輪はしていないのだけど、
看護師をしていると仕事中に指輪をつけられず、
つけたりはめたりしているうちに確実になくしてしまうな、
と、思ったので、
つけていない。


posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

3期の非小細胞肺癌患者の生存率 既婚患者の3年生存率33% 独身患者の10%

結婚生活の状態が、3期の非小細胞肺癌(NSCLC)患者の生存率と関連している可能性が明らかとなった。単施設のレトロスペクティブな解析によって示されたもの。成果は9月6日から8日に米国シカゴで開催されている2012Chicago Multidiciplinary Symposium in Thoracic Oncologyで、米University of Maryland HospitalのE.M.Nichols氏によって発表された。
ということ。

結婚の有無が3期のNSCLC患者の生存率と関連している可能性【ASTRO-IASLC-ASCO2012】:日経メディカル オンライン

記事によると、
結婚状態で(生存率を)分けると、既婚の女性の3年生存率が最も高く46%、独身男性が最も低く3%だった。既婚患者の3年生存率は33%で、独身患者の10%よりも高かった。独身女性と既婚男性は25%だった。
ということ。

けっこう違うものだな。

posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

女性が結婚相手に求める条件「3平」から「4低」へ

女性が結婚相手に求める条件として「3平」というのがあったけど、

理想の結婚相手は「三高」から「三平」に: 夫婦のこと 結婚生活のこと 育児のこと

今度は「4低」ということだ。

いまどき モテる男は「4低」 - Infoseek ニュース

ちなみに「3平」というのは、
年収や外見が平均的で性格も平穏、
ということで、
「4低」といのは、
低姿勢、低依存、低リスク、低燃費、
だそうだ。

「3高」の時代から「3平」、
そして「4低」。

高→平→低と、
いっけん、求められる条件が低くなっているようにも思えるけど、
よく考えるとそうでもない。

こういうのは、
実際にはあまり意味の無い分類だろうと思うので、
話題として楽しむだけにしておくのが良いと思う。


posted by もり at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

理想の結婚相手は「三高」から「三平」に

結婚相談所運営の「結婚情報センター」(東京)が実施したインターネット調査で、年収や外見は平均的で性格も平穏な「三平」が男女ともに人気を集めている実態が浮き彫りとなった。担当者は「昔は三高(高学歴、高収入、高身長)が人気だったが、安定志向の世相を反映しているのでは」と分析している。
ということ。

婚活も安定志向=「三高」より「三平」―民間調査 (時事通信) - Yahoo!ニュース

すべてが平気的な人は、
逆に珍しかったりすると思うけど。
posted by もり at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

なぜ“普通のオトコ”は、なかなか見つからないのか?

なぜ“普通のオトコ”は、なかなか見つからないのか?
というタイトルの記事。

Business Media 誠:仕事をしたら“恋愛のナゾ”が解けてきた(1):なぜ“普通のオトコ”は、なかなか見つからないのか? (1/6)

結婚に対する男女の考え方の差についての考察が、
面白かった。

「普通のオトコ」の存在確率は、0.8%なのだそうだ。


かなりのボリュームの記事なのだけど、
記事を読み進めると、男性と女性の差みたいなことについてもかかれている。

記事より一部抜粋。

宮崎駿監督はこのように言っています。「女性の場合は、そこにいるだけでキャラクターとして成り立つんですが、男性のキャラクターを成立させるのには社会的な立場や地位、もしくは何らかの宿命を背負っているといった、目に見えない何かが必要なんです」

私としては、
結婚する前は何も背負っていなかったけど、
結婚して子どもができた後は「家族」を背負ってるなと思う。

posted by もり at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

共働き夫婦は取り皿を使わない

多忙な共働きの夫婦では、押し付け合いになりがちな食器洗いの負担を軽くするため、取り皿を使わない人が7割に上ることがパナソニック(大阪府門真市)が行ったアンケートで分かった。同様の理由で、市販の総菜をパックのまま食卓に出す人も6割近くに上り、“究極の省エネ”で寂しい食卓になってしまっているようだ。
ということ。

共働き夫婦、取り皿使わない7割 - MSN産経ニュース

なんだか、
取り皿を使わないことが悪いことのような気がしてくるけど、
別になくてもいいのではないかと思う。

私などは小さなころから、
おかずは大皿からとって直接ご飯に乗っけるスタイルだった。

そして最後に、
お茶碗でお茶を飲む。

こうすると、
お茶碗を洗うのが楽になって、
節水にもなる。

庶民は、
昔からそういう感じでやってきたのではないかな。

ラベル:夫婦
posted by もり at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

厚生労働省の調査からわかる結婚しやすい条件

厚生労働省の調査からわかる、
結婚しやすい条件というのは、
ずばり、

社会に出たと同時に正規職員として働き、「まだまだ早い」などと考えずに早期に結婚を決断する。

だそうだ。

「先手必勝」の男女が世知辛い結婚を制する? 厚労省調査でわかった身もフタもない“幸せの方程式”

まあ、そうだろうな、
という感じがする。



ラベル:結婚
posted by もり at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

ヴィクトリア・ベッカムが語る“世界一幸せな理由”

新刊JPニュース - ヴィクトリア・ベッカムが語る“世界一幸せな理由” - 「話題の本や新刊を耳で立ち読み!─新刊JP─」
という記事。

この記事で、
ビクトリア・ベッカムが語ったこととして引用されている部分が、
とても大切なことだと思ったので、
孫引きしておきます。

「すべての働く女性は、家を出て仕事に向かうときに罪悪感を感じていると思うわ。デイヴィッドは素晴らしく子どもの面倒見がいいけれど、やはり男性が仕事に行くのと女性が行くのとでは大きな違いがある。私は人に助けてもらえているという点でとても恵まれているけれど、人が思うようなベビーシッターの大群を抱えているわけではないのよ。私の家族とデイヴィッドの家族はとっても協力的で、デイヴィッドも父親としていつも手を貸してくれて、私には夢を実現しろと励ましてくれるの」(p44より)

夫婦のお互いの家族の協力。

子育てしてみると、
このありがたさはとてもよく分かります。



ラベル:夫婦 子育て
posted by もり at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

高嶋政伸が妻・美元と破局 結婚3年、裁判で係争中

高嶋政伸が妻・美元と破局 結婚3年、裁判で係争中 - MSN産経ニュース
というニュースについて思ったこと。

記事には、

理由について高嶋は「主にお互いの性格の不一致、考え方(生活観、仕事観)の相違」とし「その開きは予想以上に大きなものであり(中略)溝の回復は不可能」と説明している。

と、書かれていたけど、
性格が一致していたり、考え方が一致している方が、
驚くべきことなんじゃないかという気がしないでもない。

「溝」は回復するものではなくて、
溝は溝として、
橋を架ければいいのではないかと、
思ったりした。

ラベル:結婚 離婚
posted by もり at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

東日本大震災以降、ブライダル関連の需要が増加

東日本大震災以降、ブライダル関連の需要が増加している。
ということ。

ブライダル需要増加、指輪・情報紹介サービス好調(産経新聞) - Y!ニュース

危機感は、
結婚したい気持ちを高めるのだな。

大切なものに、
気づかせてくれる。

ただ、
自分を守るために結婚するのは、
少し違う気がする。

相手がたいせつだから、
結婚するのだと思う。
posted by もり at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。