2013年02月07日

母の愛が子どもの脳の大きさを左右する

育った環境や家族との関係が、その後の人生に何らかの影響を及ぼすことはよく知られている。しかし神経学者によると、幼い頃に母親の愛情を適切に受けて育ったかどうかによって、子どもの脳のサイズが大きく左右されてしまうそうだ。
ということ。

母の愛が子どもの脳の大きさを左右すると判明!!2歳までに適切な愛情を受けられないと、脳が正常に機能しなくなるらしい | IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議

母親の適切な愛情、
というのは、
どういうものなのか。

自分の子供が可愛いと思えれば、
それは適切な愛情なんだろうなと思う。


posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。