2013年01月07日

日本のお母さんの手料理は世界一

「個人的見解ですが、『世界で一番“内食”文化が発達している国』だと思います。日本のお母さんたちは、お味噌汁や肉じゃがだけでなく、八宝菜や酢豚、カレー、ピラフ、ハンバーグ、スパゲッティ、ちょっとコジャレたお母さんなら、ポークソテーやマリネ、ブイヤベースなんかも作れてしまいます。僕の知る限りこんな国は日本だけです」(CageAnoeさん)
ということなどが書かれていました。

日本が世界一スゴいことって何? - 教えて!ウォッチャー

普通に食べていると、
当たり前になってしまうかもしれないけど、
実はすごいことなんだんと。



posted by もり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。