2012年12月11日

女性のカルシウム摂取量増加で副甲状腺異常リスク低下

喉にある副甲状腺は、体に欠かせないホルモンの一つを分泌する器官。カルシウムの調節を担っており、過剰に分泌されると血液中のカルシウム濃度が高くなり、骨粗しょう症や尿路結石などのさまざまな症状を引き起こす。米ハーバード大学医学部のJulie M. Paik氏らは、女性のカルシウム摂取量が増えると、副甲状腺自体に原因がある原発性副甲状腺機能亢進(こうしん)症を発症するリスクが低下すると、英医学誌「BMJ」(2012; 345: e6390)に発表した。
ということ。

女性のカルシウム摂取量増加で副甲状腺異常リスク低下 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

女性は、
骨粗しょう症などになりやすいということもあるから、
カルシウムの摂取は重要だろうなと思う。

posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。