2012年09月08日

妊娠中の喫煙による子供の肥満リスクは脳の萎縮が関与か

カナダ・トロント小児病院のAmirreza Haghighi氏らは,妊娠中に母親が喫煙した子供では体脂肪量や脂肪摂取率が多かっただけではなく,記憶などをつかさどる脳の一領域、扁桃体の体積が小さかったと、9月3日付の米医学誌「Archives of General Psychiatry」(電子版)に発表した。
ということ。

妊娠中の喫煙による子供の肥満リスク、脳の萎縮が関与か | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

記事によると、
今回の結果について,Haghighi氏らは「妊娠中の喫煙が,胎児が将来的に脂肪摂取を好むよう扁桃体を修正していることが示唆された」と結論。さらなる解明のためには,子供だけでなく親も対象にした大規模研究を行うべきと主張した。
ということ。

このような影響は、
起こっていそうなきがする。

posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。