2012年06月21日

震災、より女性に影響 睡眠障害で傾向顕著に

政府は19日午前の閣議で、2012年版の男女共同参画白書を決定した。東日本大震災の被災者の心の健康状態を調査、男女別に集計したところ、睡眠障害が強く疑われる人の割合は女性の方が高いことが分かった。特に宮城県石巻市では、男性が32.4%だったのに対し、女性は50.2%に上った。白書は「震災による健康への影響は、男性よりも女性でより強い」と分析している。
ということ。

時事ドットコム:震災、より女性に影響=睡眠障害で傾向顕著に−政府白書

こういう情報に基づいて、
避難所などでの対策が行われるようにする必要があるのだろうと思う。



posted by もり at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。