2011年11月22日

落合監督の家庭に学ぶ、夫の操縦術

中日落合監督の妻信子夫人が、
どのように夫を操縦しているかについて書かれた記事、

日本一のツンデレ嫁に学ぶ!中日の「落合博満」操縦術【後編】 | Menjoy! メンジョイ
が、
面白かったです。

記事によると、
落合監督は、家事も結構できるみたいですが、
それは信子夫人の、
「おねだりと褒めワザの賜物」
なのだとか。

このやり方は、
確かに効果的だろうなと思ます。

というのも、
我が家でも同じような感じだからです。

男性というのは基本的に、
女性に褒められるのが大好きなのですね。

私も、
「部屋がきれいになって気持ちいい。ありがとう。」
と、
言われたくて、
休日に、せっせと掃除機をかけたりしています。

一言いうだけで、
部屋がキレイになってしまうわけですから、
奥さんとしてはこの方法を使わないのは損でしょう。

夫は褒めて使うものです。


しかし、
妻が心から喜んでくれているかどうかは、
夫としてもよく分かります。

夫を褒める場合は、
たまに家事やったからって、それくらいで褒めてもらえると思うなよ!
とか、
適当なやり方しやがって!
というような気持ちはちょっと抑えて、
単純に、
部屋がきれいになってよかった、
という部分だけ喜んで、
褒めてあげたらよいのではないかと思います。

褒められる喜びを知ると、
夫は、次回はもっと褒めてもらおうと思って、
もっと頑張るでしょう。


夫の方は、
褒めて俺をコントロールしようと思っているのか?
とか、考えずに、
単純に、喜んでもらえてよかった、
と、考えるようにします。


夫婦の間では、
お互いのことを疑い出したらきりがないので、
なにごとも素直に考えるのが、
大切なことなんじゃないかと思います。


ラベル:夫婦
posted by もり at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。