2011年11月20日

ビジネスマンのための「行動観察入門」 ワーキングマザーの心理について



行動観察という方法を使って、
新しい商品やサービスの開発、
職場の労働環境の改善、
店舗の売り上げの向上、
営業マンの成績を向上させる方法、
などを考えている本。

行動観察というものがどういうものかということと、
人間の心理や行動の特徴が垣間見れて、
面白かった。



本書のなかで、
ワーキングマザーの生活実態について行動観察した記載があり、
ワーキングマザーがどのくらい大変か、
ワーキングマザーは何を求めているか、
などのについて書かれた部分が、
とても勉強になった。

一部抜粋しておく。

よくよく考えてみると、これだけ体力ぎりぎりで頑張っているワーキングマザーに対して、周りからのポジティブなフィードバック(自分が認められて、正当な扱いをうけること)が全くないということだ。たとえば、会社で努力して仕事をして成果を出せば、「よくやったな」と上司から褒めてもらえることもあるだろう。また、誰かに親切なことをすれば、「ありがとう」と言われることもあるだろう。しかし、ワーキングマザーが体力ぎりぎりまで使ってこなしている家事について、誰からも「よくやったな」「ありがとう」とは言われない。p45

これは、
ワーキングマザーだけでなく、
専業主婦(特に子育て中の主婦)にも同じことが言えると思う。

主婦業は、
完璧にこなすことが当たり前で、
「周りからのポジティブなフィードバック」というものがほとんどなく、
部屋がちょっと汚れていたりするとそこだけは指摘されるという、
厳しい仕事だ。

夫がそういうことを理解しているかどうかということは、
夫婦関係が上手くいくための、
ひとつのポイントなんじゃないかと思う。




posted by もり at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。