2011年09月11日

人たらしのブラック謝罪術 結婚恋愛などに関係しそうな記述



この本から、
夫婦・恋愛関係について書かれた部分。

カナダのモンクトン大学の心理学者G・ボーチャードは、446組の夫婦について調査し、その結婚がうまくいくかどうかは、「神経質でないこと」によって一番よく予想できることを突き止めた。神経質な人は、その関係を台なしにするタイプが多かったのである。p120

カリフォルニア大学の心理学者ディアン・フェルムリー博士は、125組のカップルを調べて、どういうカップルが幸せに付き合っているかを調べてみたことがある。
すると、幸せに付き合っているカップルでは、お互いが、「お互いの長所だけをみてあげている」という傾向があることがわかったのだ。p206


相手のよいところを見て、
細かいことは気にするな、
ということだな。


posted by もり at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。