2011年09月02日

仕事と育児の両立を目指そうとする“スーパーママ”ではうつリスクが増大

仕事を持つ母親では、専業主婦の母親に比べてうつ症状がみられる可能性が低い一方で、手を抜かず、仕事と家庭を両立する難しさに非現実的な考え方を抱いている女性は、より肩の力を抜いてゆったりとしている女性に比べてうつレベルの高いことが、米ラスベガスで開催された米国社会学会(ASA)年次会議で報告された。
ということ。

ヘルスデージャパン - 仕事と育児の両立を目指そうとする“スーパーママ”ではうつリスクが増大(2011.8.29掲載)

ようするに、
がんばりすぎるのが良くないということだろう。

記事にあるように、

働く母親は自分自身に寛容になり、仕事と家族のバランスをとるのは難しいことを受け入れるべきである

ということなので、
無理をしすぎないことが、
大切なのだろうと思う。

周りの人も、
働くお母さんに、
無理な要求をしないことが必要だろうな。

posted by もり at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。