2008年09月12日

妻を愛する技術 アダム徳永 講談社+アルファ新書

著者名にまず引き、
著者の経歴とか、
ほかに書いている本にも引きます。


しかし、
この本の内容は大切なことだと思います。


はじめは、
当たり前なことばかり書いてある、
ようにも思われましたが、
その当たり前のことがなかなか出来ず、
そのせいで、
うまくいかなくなることは多いと思います。


愛するとは、相手に関心を持って、ちょっとした変化を気にしてあげて、ちゃんと気を配って、優しい言葉をかけてあげるということなのです。p85

なんて、
あまりできてないです。

そんなに難しいことではないと思うのですが。



妻を愛するために夫がまずすべきことは、妻が喜ぶことを知るということです。p100

というあたりは、
ちょっと前までは、
知っていたはずなんですけど。

忘れてしまうのか、
思い出さないようにしているのか。



そして、

かのマザー・テレサは、「愛の反対は憎しみではなく、無関心」と喝破しました。p134

と、
マザー・テレサまで、
登場します。

心に響きます。





ほかにも、
日常的な会話のコツとか、
すぐ使えそうなことも書いてあり、
この本を読んだ結果、読む前よりはちょっとだけ、
妻との関係はよくなったような気もします。





ラベル:
posted by もり at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。